セキュリティゲートを設けることで、人の出入りの記録や入室の制限を行うことができ、情報セキュリティに役立ちます。

情報管理を徹底するセキュリティゲートの実力

情報管理を徹底するセキュリティゲートの実力

情報セキュリティの観点から考えたセキュリティゲートの役割。

信頼できる企業の条件とはどのような企業だろうかと考えると、第一に、セキュリティがしっかりしていることが条件ではないかと思います。最近は、パソコンやスマートフォンが普及しているので、気軽に膨大なデータを持ち運ぶことができます。それはとても便利なことですが、その反面、ちょっとしたミスが大きな事態に繋がったという事例も良く聞きます。膨大な個人情報を扱う企業では、会社独自の情報セキュリティ試験を行い、そのような事態を想定して対策を行っているといいます。また、USBメモリの使用を制限し、貸し出しには上司の許可がいるという会社があると聞きます。そのように様々な対策がありますが、その中でも多くの企業で利用されているのが、セキュリティゲートです。企業で働く人が、よく首からカードを提げているのを見かけると思いますが、そのカードをかざさないと、会社のゲートが開かないようになっています。これには、部外者を入場できなくするという役割もありますが、入退室の時間などもデータとして記録されますので、社内で情報の持ち出しについて問題があった場合なども、誰が行ったことなのかを割り出すことができます。また、社員のランクによって入室を制限したい部屋がある場合も、簡単にそういった設定ができるので、大変重宝します。もし、入退室カードを紛失したとしても、すぐにそのカードを無効にすることもできますし、申し出るまでの間に、そのカードでゲートを出入りした人がいないかも調べることができます。

最近は、派遣で短期間雇われて仕事をしているという人も少なくありません。そうなると、同じ社内のフロアにいても全く顔を知らないということも多くあります。おそらく部外者が入室していても、気づかれないのではないかと思います。そういった中で、セキュリティゲートを設けるのは、情報セキュリティを考える上で、一番手っ取り早い方法で、一番基本的なことなのかもしれません。

基礎知識から専門的な知識まで、知るならココ

Copyright 2017 情報管理を徹底するセキュリティゲートの実力 All Rights Reserved.